医師が転職をする様々な理由

医師転職の理由としてもっとも多いのが給料の良い職場に移りたいというものです。

 

医師というと高給取りの代表のように思われがちですが、実際には給料の額は職場によって大きく異なります。

 

たとえば病院に勤務している医師と開業している医師の間の年収格差は約2倍となっていますし、同じ勤務医でも一般的に公立病院よりも市立病院のほうが給料が高くなっています。

 

医師という職業は他の職業と比べると勤務先の違いによって給料の金額差が大きくなっていて、転職によって年収が数百万円増えるということもよくあります。

 

ですから、給料の良い勤務先を求めて転職するひとが多いのです。

 

逆に給料が減ってもいいからゆとりのある生活を求めて転職をするという医師も増えてきています。

 

若いころはスキルを身につけるために経験を積もうと長時間勤務する医師も多いですが、結婚して子供ができると少しでも家族と一緒にいる時間を増やしたいという理由から転職をする人が見られます。

 

また、給料を稼ぐために若いころはバイト勤務を入れたりする医師も多いですが、人の命を預かるということからストレスも多く、年齢とともにゆとりをもった働き方をしたいと考える医師が多いのも事実です。

 

キャリアアップのために転職を希望する医師もいます。

 

医療の進歩は非常にスピードが速く、多くの知識や高度なスキルを身につけるためには研修制度のしっかりした病院に勤務したり、最新技術を導入している病院で働くことが重要になります。

 

自分が将来どのような医師になりたいのか、自分はどの分野でどのような仕事に従事したいのかということを考えた結果、転勤という方法を選ぶ医師も数多くいます。

より患者と接するための医師転職

人のためになりたい、病気と闘う方や体調を崩している方の力になりたいと医師を志した方は大勢います。

 

しかし、慢性疾患を抱える患者が多数押し寄せるにもかかわらず、むしろ医師のほうが不足していてごくわずかな時間しか診察できないところもあるのが現状です。

 

長い時間をかけて病院まで足を運んでくれたにもかかわらず短時間で診察を終えなければならないのは、医師としてももどかしさがあります。

 

そこでより丁寧な診察ができる医療機関に医師転職をすることを目指したいものです。

 

もちろん単純にひとりひとりの診察時間だけが長くなると、診察できる患者の数は減少してしまいます。

 

医療機関の経営にとってはたとえ丁寧な診察であっても、非効率的なことといわざる得なくなってきます。

 

そこでじっくりとひとりひとりの患者に関わるだけの時間を持ちたいのなら、より専門性を高めていく必要性がどうしても出てきます。

 

より高度な医療を求めている場合さまざまな課題がありますから、心身ともに関わる診察時間は自然と長くなってきます。

 

短時間の診察からより丁寧でじっくりと診察ができ患者に寄り添えるようにするための医師転職をするためには、医師としてのスキルの向上が不可欠となってきます。

 

短時間でも体調の管理を求められる医療とすでに課題を抱えて通院をはじめている場合では、患者への接し方が異なってきます。

 

医師転職によってより高度な診察が要求されるようになってくるということを前提にして、転職を検討しましょう。

関連サイト

  • 医師の転職なら

    医師が転職で失敗しないための情報、効率的な求人の探し方などを紹介しています。